オーガニックコスメティックス:トリートメントについて

ヘアケアのコスメティックスは、髪をきれいに保つだけでなく
抜け毛予防や頭皮の乾燥、フケの予防など様々な効果を
期待されています。

そのため、コスメティックスの中でも特にオーガニックで
できているものに人気が集中しています。

オーガニックのヘアケアコスメティックスを選ぶ時の注意点としては、シャンプーよりもトリートメントが重要になってきます。

シャンプーはノンシリコンや天然成分にこだわったものが多いですが、
トリートメントにはシリコンが含まれているというケースも珍しくないため
ヘアケアコスメティックスをセットで購入する場合には、
どちらにも髪や頭皮に優しい成分のみで構成されているのかを
きちんと確認しておく必要があります。

成分構成が大事綺麗になるために

シリコン入りシャンプーのメリット・デメリット

シリコンシャンプーに含まれるシリコンは
髪の表面に吸着することで髪を保護する働きがあります。

そのため、シリコンシャンプーを使うと
髪が外部からダメージを受けにくくなったり、
キューティクルの間から水分が蒸発し
髪の乾燥を防ぐといったメリットがあります。

この他にも、シリコンによって髪がコーティングされる
ことによって指通りが良くなる効果もあり、特に
くせ毛の人はブラッシングしやすくなります。

しかし、メリットばかりではなくデメリットもあります。

まず、シリコンが髪に吸着することで髪が重たくなり
ペタッとした質感になるので、ボリューム感がなくなります。

特に、髪の毛が細い人は髪の毛に対するシリコンの割合が
大きくなるので影響が大きく、ふんわりとした
ヘアスタイルが難しくなるとことも考えられます。

この他にも、シリコン自体は人体に無害ですが、
シャンプーの後のすすぎが不十分だと頭皮に残って
毛穴をふさぎ、ニキビや抜毛などの肌トラブルの
原因になる可能性もあります。

また、髪の毛に吸着したシリコンはなかなか
洗い流すことができません。

そのため、カラーリングやパーマ液が髪の毛に
浸透しづらく、その効果が薄くなるといった
デメリットもあります。

成分は購入前に要チェック

基本的に、リンスやトリートメントは
髪のつやを出すことを目的として
いますので、意外と成分まで
目が行き届かないという
盲点があるのです。

必要があれば、シャンプーとは別のメーカーを
用意するようにしましょう。

シャンプーだけでなくオーガニックの化粧品にきまり。

オーガニックなコスメティックスを求める女性は多く、たいていは乾燥肌や敏感肌などの肌悩みを抱えています。
わずかな刺激でも肌荒れを起こしやすい人は、肌への負担が少ないオーガニックコスメティックスを使用することで、肌に負担を掛けることなくメイクを楽しむ事が可能です。

そんな人におすすめな化粧下地は、ipsコスメティックスという会社が販売しているコスメティックスです。
赤ちゃんも使えるような肌に優しい日焼け止めもありますが、化粧下地としての役割を求めるならUVケアベース・ティントベース・フィットベースのいずれかのコスメティックスを使うといいでしょう。

敏感肌の人や繊細な肌の人に、ベビー用のコスメはおすすめです。
含まれている成分が優しいこと。肌の弱い赤ちゃんにも使えるような安心の成分だということ。
効果の強さは十分ではありませんが、肌には優しいです。
悩んでいるならば、試してみてはどうでしょうか。

ひとつで化粧下地・美容液・日焼け止めなど、さまざまな効果を発揮してくれるのに、天然成分配合で肌に優しいので、健康的な美肌を手に入れることが可能です。
敏感肌は何も塗らないほうがいいのでは?と思う人もいますが、肌に有害な紫外線をブロックして、潤いを逃がさない為にはコスメティックスの利用が必要です。

何もつけないのは、外的な刺激を直接受けてしまうことになります。
それはまた、肌のトラブルにつながりかねないのです。
それを防ぐためにもオーガニックのコスメティックスは有効だといえるでしょう。
敏感な肌にも使えて、肌への負担が少ないもの。
それならば安心してつけることができるのではないでしょうか。