オリジナルTシャツのタグもオリジナルで

オリジナルTシャツを製作してもらう際に、首元の後ろについている
タグもオリジナルで注文が出来ます。

プリントがオリジナルと言うだけでなくすべてが
オリジナルになるので、より存在感があり個性を発揮できます。

従って、より愛着が湧くようになるでしょう。

個性を出す

プリントだけのものや刺繍を施したものがあります。
ツイルネーム、織ネーム、ツイードネームなどで呼ばれているので、
カラーや質感でお好みのものを選べます。

オリジナルTシャツを製作する際には、よりオリジナル感を
出せるので活用してみると良いでしょう。

製作が出来るサイトでは、オリジナルTシャツのオーダーに
合わせてタグもセットでオーダー出来るところがあるので、
一度に済ませられて素早くオーダーできるので便利です。

愛着

このようにしてオーダーをすることで、より愛着の湧く
オリジナルTシャツを製作してもらえます。

お好みのプリントと合わせてタグまでこだわると
素敵なTシャツを着用できます。

プリントTシャツはタグもこだわる

プリントTシャツを作成する際には、どこまでこだわって作るのかを
考えるようにしなくてはなりません。

こだわる

少しマークを入れたようなシンプルなプリントTシャツにするというのも
いいですし、大きな文字を入れたり、凝ったデザインにするというのも
自分の好みに合わせて作るといいでしょう。

こだわりを持ってプリントTシャツを作ろうと考えているのであれば、
タグにまでこだわってみるのもいいかもしれません。

普段は人に見える部分ではありませんが、自分だけのこだわりとして、
オリジナルのタグを作成してみる事です。

細かく

Tシャツと同じようなデザインにするのもいいですし、
マークや文字を入れてみるのもいいでしょう。

そこまでこだわりを持って作ったTシャツであれば、
普段からも大事に着るようになりますので、
長持ちをさせることが出来るはずです。

誰かにプレゼントをしたいと思っているのであれば、
細部までこだわって作られたものは、喜んでもらうことが出来るでしょう。

オリジナルTシャツで蛍光色のプリントをする場合

オリジナルTシャツは自分でデザインを考案し、さまざまな種類の色や
素材を選んで、自分好みのTシャツを作成することができます。

現在、個人や団体でオリジナルTシャツを作る需要が増えたために、
それを作成するサービスを提供する企業も増えつつあります。

色に関していえば、通常の発色はもちろん、発砲色、メタリックカラー、
ラメ、蛍光色等の多種多様な効果を持つ色を選ぶことができます。

さまざまな

蛍光色のTシャツは、発色とインパクトが強いです。
他の色との相性も良く、白・黒のスタンダートカラーにも
色が映えることが期待されます。

ただし、オリジナルTシャツを蛍光色をプリントしたい場合、
ポリエステル100%(特にドライTシャツ)や
ブルゾンの素材にはプリントできません。

選ぶ

なぜなら、下地の素材の色の影響でインクの色が沈んでしまう(昇華)が
起きてしまう可能性があるからです。

この点だけ注意すれば、きれいに蛍光色のオリジナルTシャツが
プリントできます。

短納期でTシャツプリントをしてもらうポイント

綺麗な

なんかのイベントが迫っていて、そのイベント用のTシャツプリントを
考えていたけれど、業者に依頼すると、かかってしまう時間は
思いのほか長くて依頼もしにくい…といった場合には
短納期でTシャツプリントをしてもらう業者選びが重要です。

ラフスケッチを送ることで、プロのデザイナーが
綺麗に仕上げてくれる所もありますが、急ぎの場合は
デザインのテンプレートを利用することで、すぐに世界に1つだけの
Tシャツが完成します。

仕上げる

普通のところはだいたい1週間かかるところが多いですが
調べてみると3日以内で仕上げてくれるところがあります。

場所によっては即日発送もあります。そういう即日発送の場合は
商品もホワイト、ブラックなど指定するものが限られていることが
多いですが、短納期を優先する場合は仕方がないところはあります。

即日を意識しない場合で1週間かかっても構わないといった方は、
通常の利用でさまざまなバリエーションから選択すると
良いと思います。